芥川龍之介の名言

芥川龍之介 恋愛名言

芥川龍之介

日本の小説家
生: 1892年3月1日
没: 1927年7月24日(享年35歳)

Wikipediaで人物チェック

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

芥川龍之介 恋愛名言集

Page: 1

恋愛の徴候の一つは彼女に似た顔を発見することに極度に鋭敏になることである。

恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。少なくても詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない。

われわれを恋愛から救うものは、理性よりもむしろ多忙である。

女人は、我々男子にはまさに人生そのものである。即ち、諸悪の根源である。

私は第三者を愛するために夫の目を盗んでいる女には、恋愛を感じないことはない。しかし第三者を愛するために子供を顧みない女には、満身の憎悪を感じている。

僕等の性格は不思議にもたいてい頸(くび)すじに現れている。

私は不幸にも知っている。時には嘘によるほかは語られぬ真実もあることを。

 

– END –

 

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ






 

「HOMEへ」