シャンフォールの名言

シャンフォール恋愛名言

Nicolas Chamfort
ニコラス・シャンフォール

フランスの劇作家、作家
生: 1741年4月6日
没: 1794年4月13日(享年53歳)

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

シャンフォール 恋愛名言集

Page: 1

恋をする男は自分の能力以上に愛されたいと願ってる人間である。それが彼を滑稽に見せる理由である。

恋愛は結婚よりも興味をそそる。これは、ちょうど小説が歴史よりも面白いのと同じ理由からである。

Love is more pleasant than marriage for the same reason that novels are more amusing than history.

女性がなぜ、男性との関係を言いふらすのか。その理由としてあげられている大半は、男性にとって不利である。その真の理由は、この方法によってしか女性は男性に支配権を持つことができないからである。

愛人をつくる女は、その男が自分にどう見えるかより、よその女たちがその男をどう見るか、ということのほうをずっと気にする。

真の幸福は目に映じない。真の幸福は見えないけれども、私の場合には希望を失ったとき、はじめて幸福が訪れた。

結婚は良識のあるものにしか世間から受け入れられない。人の興味を惹くのは人眼を惹く馬鹿げた結婚だけであって、後のはすべてさもしい打算である。

離婚はきわめて自然なもので、多くの家では毎晩、それが夫婦の間に寝ている。

自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えたときから、人生の幸福な時期が始まる。

チャンスが二度も扉をたたくと思うな。

Do not suppose opportunity will knock twice at your door.

 

– END –

 

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ






 

「HOMEへ」