太宰治

太宰治恋愛名言

太宰治

日本の小説家
生: 1909年6月19日
没: 1948年6月13日(享年38歳)

Wikipediaで人物チェック

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

恋愛・結婚の名言

(P. 2

Page: 1

恋愛は、チャンスではないと思う。私はそれを意志だと思う。

てれくさくて言えないというのは、つまりは自分を大事にしているからだ。

人は、本当に愛していれば、かえって愛の言葉など、白々しくて言いたくなくなるものでございます。

人間は恋と革命のために生まれてきたのだ。

ひとに「愛される資格」が無くっても、ひとを「愛する資格」は、永遠に残されている筈であります。ひとの真の謙虚とは、その、愛するよろこびを知ることだと思います。

愛は最高の奉仕だ。みじんも、自分の満足を思ってはいけない。

人間の生活の苦しみは、愛の表現の困難に尽きるといってよいと思う。この表現のつたなさが、人間の不幸の源泉なのではあるまいか。

人間は一生、人間の愛憎の中で苦しまなければならぬものです。のがれ出ることは出来ません。

愛することは、いのちがけだよ。甘いとは思わない。

愛は、この世に存在する。きっと、在る。見つからぬのは、愛の表現である。その作法である。

恋愛とはなにか。私は言う。それは非常に恥ずかしいものである。

本当に愛しているならば、無意識に愛の言葉も出るものだ。どもりながらでもよい。たった一言でもよい。せっぱつまった言葉が出るものだ。愛は言葉だ。言葉がなくなりゃ、同時にこの世の中に、愛情もなくなるんだ。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒