ドストエフスキーの名言


ドストエフスキー恋愛名言

Fyodor Dostoyevsky
ドストエフスキー

ロシアの小説家、思想家
生: 1821年11月11日
没: 1881年2月9日(享年59歳)

Wikipediaで人物チェック

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

ドストエフスキー 恋愛名言集

(P. 2

Page: 1

愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。

あの言葉はもちろん、思わず口からこぼれたのだが、思わず言っただけによけい重大なのだ。

利口な女と嫉妬深い女とは、おのおの異なった、まったく別個なものである。したがって、どんなに利口な女でも、同時に嫉妬深い女になることができる。

人間には、愛がありさえすれば、幸福なんかなくったって、結構生きていけるものである。

With love one can live even without happiness.

幸福は幸福の中にあるのではなく、それを手に入れる過程の中だけにある。

Happiness does not lie in happiness, but in the achievement of it.

夫婦や恋人同士の問題には決して口をだしてはいけない。そこには世間の誰にも分からない、二人だけしか知らない一隅があるのだから。

人は笑い方でわかる。知らない人に初めて会って、その笑顔が気持ちよかったら、それはいい人間と思ってさしつかえない。

善い人とは、強い人たちのことではなく、誠実な人たちのことである。

女、女こそ男を完成させる唯一のものである。

どうか偶然なんてことをあてにしないでください。偶然のない人生というのもあるのですから。

娘が自分で惚れた男というのは、父親の目にはいつだって一番つまらない男に見えるものだ。

女の涙に騙されるな。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒