女心

Page: 3

一目で惚れられるためには、男の顔の中に、何かしら、相手の女性に尊敬させるものと同時に、憐憫の情を感じさせる何かがなくてはならないのである。

To be loved at first sight, a man should have at the same time something to respect and something to pity in his face.

スタンダール(フランスの小説家、『赤と黒』の著者 / 1783~1842)

女はどんな正直な女でも、その時心に持っている事を隠して、外の事を言うのを、男ほど苦にはしない。

森鷗外(日本の小説家、評論家、陸軍軍医 / 1862~1922)

全ての偉大な恋愛のうちには母性愛がある。真の女らしい女たちが男の力を愛するのは、男の弱さを知っているからである。

アンドレ・モーロワ(フランスの小説家、伝記作家、評論家 / 1885~1967)

男は恋を恋することからはじめて、女を愛することに終わるけれども、女は男を恋することからはじめて、恋を恋することに終わる。

レミ・ド・グールモン(フランスの詩人・小説家 / 1858~1915)

男は働き、考える。だが、女は感じる。

クリスティーナ・ロセッティ(英国の詩人 / 1830~1894)

女は決して自分の自然な姿を見せない。なぜならば女は、自然から生みつけられたままでもきっと人から好かれるものだ、といういうふうに考えることのできる男ほどのうぬぼれがないからである。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

女はいつも、機会さえあれば、自分を犠牲に捧げたがる。あれは自己陶酔の一形式であり、しかも女たちのお好みの形式なのだ。

サマセット・モーム(英国の劇作家、小説家 / 1874~1965)

一抹の同情をかちうる男だけが、女心をまるごとつかむのです。

ジャン・ジロドゥ(フランスの外交官、劇作家、小説家 / 1882~1994)

女はおべっかによっては、けっして武装を解除されはしないが、男はたいてい陥落される。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

男は女の最初の恋人になりたがるが、女は男の最後の恋人になりたがる。

Men always want to be a woman’s first love. Women like to be a man’s last romance.

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

母性愛。すべての愛はそこに始まりそこに終わる。

Motherhood: All love begins and ends there.

ロバート・ブラウニング(英国の詩人 / 1812~1889)

愛の戯れは、車の運転に通じます。女は迂回が好きだけど、男は近道が好きだから。

ジャンヌ・モロー(フランスの女優、歌手 / 1928~)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒