恋愛名言集


Page: 11

男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ。

As long as you know men are like children, you know everything.

ココ・シャネル(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971)

恋においては、われわれの虚栄心はあまりにたやすい勝利を軽蔑するものであり、どの種類の恋でも、男は向うから差し出されたものの価値を誇大視するものではない。

スタンダール(フランスの小説家、『赤と黒』の著者 / 1783~1842)

キスとは、惚れた相手の一部を吸いこもうとする灼熱の欲望。

カサノヴァ(イタリアの作家 / 1725~1798)

愛されるだけでは物足りない。愛の言葉もかけてほしい。静寂の世界は、お墓の中で十分に味わえるのだから。

I like not only to be loved, but to be told that I am loved; the realm of silence is large enough beyond the grave.

ジョージ・エリオット(英国の女性作家 / 1819~1880)

人が心から恋をするのはただ一度だけである。それが初恋だ。それから後の数々の恋は、初恋ほど無意識のものでない。

We never love heartily but once, and that is the first time we love. Succeeding inchnations are less involuntary.

ラ・ブリュイエール(フランスのモラリスト、作家 / 1645~1696)

この世には、愛する人と愛される自分になろうとする人がいる。

There’s always one who loves and one who lets himself be loved.

サマセット・モーム(英国の劇作家、小説家 / 1874~1965)

見たとたん好きになる「一目ぼれ」のほかに、さわったとたん好きになることだってある。

ウラジーミル・ナボコフ(ロシア出身の作家、詩人、昆虫学者 / 1899~1977)

未熟な愛は言う、「愛してるよ、君が必要だから」と。成熟した愛は言う、「君が必要だよ、愛してるから」と。

Immature love says: “I love you because I need you.” Mature love says: “I need you because I love you.”

エーリッヒ・フロム(ドイツの社会心理学者、精神分析学者 / 1900~1980)

身も心もささげつくす愛情にはどれも、ささやかな狂気がはびこっている。

クラウス・ハルプレヒト(ドイツの作家、ジャーナリスト / 1927~)

恋に落ちると眠れなくなるでしょう。だって、ようやく現実が夢より素敵になったんだから。

You know you’re in love when you can’t fall asleep because reality is finally better than your dreams.

ドクター・スース(米国の作家、詩人、漫画家 / 1904~1991)

男性なら未来を持っている人、女性なら過去を持っている人、そういうのが私が好きだ。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

愛が恐れているのは、愛の破滅よりも、むしろ、愛の変化である。

Love is more afraid of change than destruction.

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒