恋愛名言集


Page: 16

女は布地のようなものだ。ろうそくの光で選んじゃだめだ。

アルフォンス・ドーデ(フランスの小説家 / 1840~1897)

人間というものは、年が若くて恋をしている時には、どんなことでもまず恋と結びつけて考えるものである。あらゆる苦痛は恋を豊かにし、あらゆる情熱は、たとえそれが恋とはなんのかかわりあいのないものでも、恋の中に注ぎ込まれ、恋を増大させるのである。

サント・ブーヴ(フランスの文芸評論家、小説家、詩人 / 1804~1869)

道徳家めいた口をきく女には、これっぽっちも魅力がない。道徳家めいた口をきく男は、まあ偽善者だね。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

恋のことなら、どんなにロマンチックでもいいんです。

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

女はどんな正直な女でも、その時心に持っている事を隠して、外の事を言うのを、男ほど苦にはしない。

森鷗外(日本の小説家、評論家、陸軍軍医 / 1862~1922)

女はなぜとか、何のためにとかいった理由なしに愛されることを望むものだ。つまり、美しいからとか、善良であるとか、聡明であるとかいった理由によってではなく、彼女が彼女自身であるという理由によって愛されることを望むものだ。

Women wish to be loved without a why or a wherefore; not because they are pretty, or good, or well-bred, or graceful, or intelligent, but because they are themselves.

アミエル(スイスの哲学者、詩人、批評家 / 1821~1881)

とかく女は恋していないのに恋していると信じこむ。恋のかけひきの思い入れ、甘い言葉にさわぐ胸のときめき、愛される喜びに自然に傾いていゆく心、愛を拒む辛さ、こうしたものが、媚しか持たない女にも、自分は恋していると信じさせてしまうからである。

ラ・ロシュフコー(フランスの貴族、モラリスト文学者 / 1613~1680)

恋人同士のけんかは、恋の更新である。

テレンティウス(ローマの喜劇作家 / 紀元前195頃~紀元前159)

むら気な女とは、もはや愛していない女である。浮気な女とは、すでにほかの男を愛している女である。移り気な女とは、果たして自分が愛しているのか、また誰を愛しているのかが自分でもわからない女である。無関心な女とは、誰をも愛さない女である。

ラ・ブリュイエール(フランスのモラリスト、作家 / 1645~1696)

恋愛の十分の九は恋するがわにあって、その十分の一が、恋されている対象のがわにある。

サンタヤーナ(米国の哲学者、詩人 / 1863~1952)

愛を交わしあう際、女は必ず演技をすると決めてかかる男たち…。彼らは、はからずもそのときだけ演技をやめる女もいるのだ、ということに気づいてはいない。

石津ちひろ(日本の絵本作家、翻訳家 / 1953~)

恋のチャンスは、熟れている時にもがなければならない果物のようだ。一度地に落ちたら二度とチャンスはないだろう。

ポール・ヴェルレーヌ(フランスの詩人 / 1844~1896)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒