恋愛名言集


Page: 18

初恋があてになる度合は、最初の握手で相手を判断するのと同じくらいだな。

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

男が恋をするなら必ず純潔な相手を選べというのはエゴイズムである。自分にはありもしないものを女性に求めるのは、それは愛ではなく崇拝にすぎない。人間は自らと同等の者を愛すべきだから。

チェーホフ(ロシアの劇作家、小説家 / 1860~1904)

あなたの姿が眼に見えなくてもいいのです。あなたがこの世にいるという、ただそれだけで私は幸せなのです。

ライナー・マリア・リルケ(オーストリアの詩人、作家 / 1875~1926)

愛というのは抑えきれない欲望を抱かれたいという、抑えきれない欲望。

Love is an irresistible desire to be irresistibly desired.

ロバート・フロスト(米国の詩人 / 1874~1963)

言葉が不要になるとき、キスは、生来、話を止めるよう作られた素敵ないたずらね。

イングリッド・バーグマン(スウェーデン出身の女優 / 1915~1982)

真の恋の兆候は、男においては臆病さに、女は大胆さにある。

The first symptom of true love in man is timidity, in a girl it is boldness.

ヴィクトル・ユーゴー(フランスのロマン主義の詩人、小説家 / 1802~1885)

私はこれまでの生涯、自分がどんなふうに愛されたいか、理想をいだいてきました。そして、その成就をいつも妄想に求めたのですが、無駄でした。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

愛はもっともすばやく育つものに見える、だがもっとも育つのに遅いもの、それが愛なのだ。

Love seems the swiftest, but it is the slowest of all growths.

マーク・トウェイン(米国の作家、小説家 / 1835~1910)

いろんなことが原因で、キミは女の愛情をうかうか取り逃がしかねない。信頼しきっても失うし、不信をいだいても失う。言いなりになっても失うし、いばりちらしても失う。やさしくしすぎても失うし、しなさすぎても失う。何をしたって失うし、何もしなくても失う… というわけ。

アルトゥル・シュニッツラー(オーストリアの医師、小説家 / 1862~1931)

一度も愛したことがないよりは、愛して失った方が、どれほどましなことか。

‘Tis better to have loved and lost than never to have loved at all.

テニスン(英国の詩人 / 1809~1892)

今日の一般的なモラルは、恋愛に対してはとても厳しいが、嫉妬に対してはバカに思いやりがある。

ゼバスティアン・ハフナー(ドイツのジャーナリスト、作家 / 1907~1999)

私達は、何らの理由もないのに、人を愛し、また、何らの理由もないのに、人を憎む。

We love without reason, and without reason we hate.

ジャン・フランソワ・ルニャール(フランスの喜劇詩人 / 1655~1709)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒