恋愛名言集


Page: 3

男は女にすべてを与えよと求む。女がそのとおりにすべてをささげ、生涯を上げて献身すると、男はその重荷に苦しむ。

ボーヴォワール(フランスの女性作家、哲学者 / 1908~1986)

もしも人から、なぜ彼を愛したのかと問い詰められたら、「それは彼が彼であったから、私が私であったから」と答える以外には、何とも言いようがないように思う。

If you press me to say why I loved him, I can say no more than because he was he, and I was I.

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592)

恋をしなさい。好きと言えないなんてケチな根性よ。

宇野千代(日本の女性作家 / 1897~1996)

愛することは、いのちがけだよ。甘いとは思わない。

太宰治(日本の小説家 / 1909~1948)

愛の願望はただちに生じるが、愛というものは、しかし、そうはゆかない。

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前384~紀元前322)

恋は熱病のようなのもである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる。

スタンダール(フランスの小説家、『赤と黒』の著者 / 1783~1842)

恋愛はポタージュのようなものだ。初めの数口は熱すぎ、最後の数口は冷めすぎている。

ジャンヌ・モロー(フランスの女優、歌手 / 1928~)

自分は自分で立っていること。そうでないと、いつまでたってもその恋愛はむなしいままね。

岡本敏子(岡本太郎の養女、実質的な妻 / 1926~2005)

恋は最も変わりやすいと同時に最も破壊しにくい不思議な感情である。

アンリ・ド・レニエ(フランスの詩人、作家 / 1864~1936)

情熱の持続時間は、その女性が最初に示した抵抗の大きさに比例する。

バルザック(フランスの小説家 / 1799~1850)

恋愛にも日曜日がなければならない。それが辛うじて永続させる方法であり、つまり「忘却」の逆用である。

亀井勝一郎(日本の文芸評論家 / 1907~1966)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒