恋愛名言集


Page: 31

愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。

ヘルマン・ヘッセ(ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞 / 1877~1962)

恋する男女は、恋することによって言葉を失うものです。

亀井勝一郎(日本の文芸評論家 / 1907~1966)

白髪の男は、屋根に雪が積もっている家みたいなものだ。でもそれは、かまどに火が燃えていないということではない。

モーリス・シュヴァリエ(フランス出身の俳優、歌手 / 1888~1972)

恋愛においては、いかに難しいことがあっても、友愛におけるよりも、人の欠点を許す。

ラ・ブリュイエール(フランスのモラリスト、作家 / 1645~1696)

恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に死ぬほど幸福なことはない。

E・M・アルント

人は、実際の恋愛対象よりも、自分で心に描き出した相手の像の方を一層愛する。人がその愛する者を正確にあるがままに見るならば、もはや地上に恋は無くなるだろう。

ルソー(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身の哲学者 / 1712~1778)

女は深く見る、男は遠くを見る。

クリスティアン・ディートリヒ・グラッベ

恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい。

夏目漱石(日本の小説家、評論家、英文学者 / 1867~1916)

男というものは嘘の国の庶民であるが、女はその国の貴族である。

アベル・エルマン( フランスの小説家 / 1862~1950)

女には大きな人道の立場から来る愛情よりも、多少義理をはずれても自分だけに集注される親切を嬉しがる性質が、男よりも強いように思われます。

夏目漱石(日本の小説家、評論家、英文学者 / 1867~1916)

男はその情念が満足させられたときには女に興味をいだかない。女がこのことを初めて知った日こそ、彼女の生涯における悲劇のひとつとなる。

モンテルラン(フランスの作家、随筆家 / 1895~1972)

事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。

シェイクスピア(英国の劇作家、詩人 / 1564~1616)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒