恋愛名言集


Page: 36

恋はまことに影法師、いくら追っても逃げていく。こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げていく。

シェイクスピア(英国の劇作家、詩人 / 1564~1616)

最初のひと目で恋を感じないなら、恋というものはないだろう。

クリストファー・マーロウ(英国の劇作家、詩人 / 1564~1593)

嫌な女も好きな女もあり、その好きな女にも嫌なところがあって、その興味を持っている全ての女の中で、一番あなたが好きだと云われてこそ、あなたは本当に愛されているんじゃありませんか?

夏目漱石(日本の小説家、評論家、英文学者 / 1867~1916)

恋をする男は自分の能力以上に愛されたいと願ってる人間である。それが彼を滑稽に見せる理由である。

シャンフォール(フランスの劇作家、作家 / 1741~1794)

女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。男に欠点が多ければ多いほど、女は何もかも許してくれる。我々の知性さえもだ。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

男は女を手に入れれば、すぐ、その女に退屈するものだから。

ココ・シャネル(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971)

恋の始まりは瞬間でも、つきあいが長引くかどうかは、美醜よりも人間味にかかわる問題だ。

岡本太郎(日本の芸術家 / 1911~1996)

女性が綺麗になる方法は二つあります。「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。

浜尾朱美(日本のニュースキャスター、随筆家 / 1961~)

どんなに愛しているかを話すことができるのは、すこしも愛してないからである。

ペトラルカ(イタリアの詩人、学者 / 1304~1374)

男というものは自分の愛している女を憎み、どうでもよい女を愛するものだ。

シュニッツラー(オーストリアの小説家、劇作家 / 1862~1931)

自分が自分自身に出会う、彼女が彼女自身に出会う、お互いが相手の中に自分自身を発見する。それが運命的な出会いというものだ。

岡本太郎(日本の芸術家 / 1911~1996)

自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒