恋愛名言集


Page: 6

人が恋をする時、それはまず、自己を欺くことによって始まり、また、他人を欺くことによって終わる。

When one is in love, one always begins by deceiving one’s self, and one always ends by deceiving others. That is what the world calls a romance.

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

「女そのもの」というタイプの女性は、愛するときはいつも相手をずたずたにする。

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

恋をするということには、何とも言えない魅力があるのであるが、恋の楽しみの大半は、恋は、永久に続くものではないという事実にあることは、確かである。

There is something inexpressibly charming in falling in love and, surely, the whole pleasure lies in the fact that love isn’t lasting.

モリエール(フランスの劇作家、古典主義の三大作家 / 1622~1673)

男は一人の女からすべてをもらうことができる。ただし母親らしさをあてにする者は、いかなる情熱も期待してはならない。

ロレンス・ダレル(英国の小説家、詩人、劇作家、紀行作家 / 1912~1990)

男女の間では、憎しみは愛の裏返しです。嫉妬もまた愛のバロメーターです。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

愛は、後悔を封じこめたボトルの中で生き続ける。

Love lives in sealed bottles of regret.

ショーン・オフェイロン(アイルランドの短編小説家 / 1900~1991)

女はおべっかによっては、けっして武装を解除されはしないが、男はたいてい陥落される。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

男心をそそるただ一つの、正真正銘の愛の媚薬、それは思いやりの深い気立てである。男はつねにこれに参る。

メナンドロス(古代ギリシアの喜劇作家 / 紀元前342~292)

真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑したり拙劣であり、愛嬌もろくにないものである。

カント(ドイツの哲学者、思想家 / 1724~1804)

女性は、情熱を男とともに分かつことよりも、情熱を男にかき立てられることのほうを選ぶ。彼女たちは、好んで愛情の中に離れ家をつくる。

アンリ・ド・レニエ(フランスの詩人、作家 / 1864~1936)

恋は決闘です。もし右を見たり左を見たりしていたら敗北です。

ロマン・ロラン(フランスの作家、ノーベル文学賞受賞 / 1866~1944)

愛情の道づれである嫉妬は、うれしくないことを何でもやみくもに信じこみます。事実に基づいてではなく、その影や夢を見ただけでもう動転してしまうのです。

ペトラルカ(イタリアの詩人、学者 / 1304~1374)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒