失恋名言集


Page: 3

悲しみは解ける、五月の雪のように、そんなに冷たいものなどはありはしないように。

ジョージ・ハーバート(英国の詩人 / 1593~1633)

夜になって星が輝き始めるのは、悲しみが我々に真実を示してくれるのに似ている。

ベイリー(英国の推理小説家 / 1878~1961)

自分の全生命を女の愛というカードに賭けた男が、このカードが殺された時、がっくりとなって何事も手につかないほど放心してしまうようなら、そんな人間は – 男ではなく、ただのオスである。

I must say, though, that a man who has staked his whole life on the card of a woman’s love and who, when that card is trumped, falls to pieces and lets himself go to the dogs — a fellow like that is not a man, not a male.

ツルゲーネフ(ロシアの小説家 / 1818~1883)

深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。

トルストイ(ロシアの小説家、思想家 / 1828~1910)

相思の情を遂げたとか恋の満足を得たとかいう意味の恋はそもそも恋の浅薄なるものである。恋の悲しみを知らぬ人には恋の味は話せない。

伊藤左千夫(日本の歌人、小説家 / 1864~1913)

恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

失恋して痩せることができるのなら、何回でも失恋したいわ。

コレット(フランスの女性作家 / 1873~1954)

失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。

ココ・シャネル(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971)

別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

最初のキスを笑いながら交わして、いざ別れるとなっても、しんみりとやさしい話をして別れるのが、一番安全でいい。

シュニッツラー(オーストリアの小説家、劇作家 / 1862~1931)

運命を素直に受けいれなさい。

ジーン・シノダ・ボーレン(日系アメリカ人の女性精神科医、作家)

どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒