結婚名言集


結婚名言集(2)

今までは、散らかし放題散らかす側だったけど、これからは掃除もしなくちゃいけない。

ルシル・ボール(米国の喜劇女優 / 1911~1989)

結婚生活における愛はマッチみたいなもの。こすらなければちゃんと燃えない。

ヴィリー・ライヒェルト

結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ。

トーマス・フラー(英国の聖職者、歴史家 / 1608~1661)

ついでに言っておこう。男は頭でこそ、家事のうまい女を嫁に… と探すが、心では、空想では、別の魅力にあこがれているものだ。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

もし結婚するなら、どっぷりと結婚していたいの。

If I get married, I want to be very married.

オードリー・ヘップバーン(英国の女優 / 1929~1993)

おたがい我慢できさえすれば、愛しあったりもしかねない – そういう夫婦がいっぱいいる。

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

私が結婚するのはたったひとつの理由からよ。それは、愛。

マリリン・モンロー(米国の女優 / 1926~1962)

男と女は支えあって生きるのだ。ほんとうにそう言いきれる、パートナーを持ちえた人は、人生の勝者です。何でも出来るの。

岡本敏子(岡本太郎の養女、実質的な妻 / 1926~2005)

男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ。

Men marry women with the hope they will never change. Women marry men with the hope they will change. Invariably they are both disappointed.

アインシュタイン(理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞 / 1879~1955)

愛情を求めて結婚するのは少々危険である。しかし、それはあまりにも素直で、神様もそれには微笑まざるをえない。

Marrying for love may be a bit risky, but it is so honest that God can’t help but smile on it.

ジョシュ・ビリングス(米国のユーモア作家 / 1818~1885)

できるだけ早く結婚することは女のビジネスであり、できるだけ結婚しないでいることは男のビジネスである。

It is a woman’s business to get married as soon as possible, and a man’s to keep unmarried as long as he can.

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

なぜある種の結婚生活がややこしくなるかというと、 ひそかに妻がやはり今もなお、夫を愛しているからだ。

エルンスト・フォン・フォイヒタースレーベン(オーストリアの詩人 / 1806~1849)

結婚するときはこう自問せよ。「年をとってもこの相手と会話ができるだろうか」そのほかは年月がたてばいずれ変化することだ。

When marrying, ask yourself this question: Do you believe that you will be able to converse well with this person into your old age? Everything else in marriage is transitory.

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

結婚生活とは、おたがいに協調して相手の自由を奪っていくことだ。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。

グレタ・ガルボ(スウェーデン出身のハリウッド女優 / 1905~1990)

自分自身によかれと思う者は、好ましく心やさしい妻をめとるがいい。さもなければ、いっそめとらぬがいい。

シラー(ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家 / 1759~1805)

悪い夫を手に入れる女性は、たいがい結婚を急ぎ過ぎた人です。よい夫を得られるなら、いくら結婚が遅れても、遅すぎることはありません。

デフォー(英国の作家、ジャーナリスト / 1660~1731)

すてきな結婚生活を送るのに必要なのは、妻の分別が、夫の分別とちょうど同じくらいであることです。それを超えると、いい結果にはなりません。

ドロテーア・シュレーゲル(ドイツの女性作家、文芸評論家 / 1763~1839)

結婚に成功する最も肝要な条件は、婚約時代に永遠のつながりを結びたいという意思が真剣であることだ。

アンドレ・モーロワ(フランスの小説家、伝記作家、評論家 / 1885~1967)

結婚のいいところは、彼を愛せなくなったり、愛してもらえなくなっても、ひょっとしてまたお互いが好きになるかもしれない時まで、二人が一緒にいられることです。

One advantage of marriage, it seems to me, is that when you fall out of love with him, or he falls out of love with you, it keeps you together until you maybe fall in again.

ジュディス・ビオルスト(米国の女性作家、ジャーナリスト / 1931~)

結婚の幸福は、まったく運次第ですもの。お互いに気心がわかっていても、前もって似ていても、そんなことで幸せが増すというわけのものじゃないわ。

ジェーン・オースティン(英国の女性作家 / 1775~1817)

相対性理論のことは解らないけど、アインシュタインのことはよく解っています。

エルザ・アインシュタイン(アルベルト・アインシュタインの妻 / 1876~1936)

結婚なんてつまらない。死ぬまで夫婦の約束を守らなくちゃならないんだもの。そんなバカげた約束を誰ができて?明日どんな風が吹くか、神様だってご存知ないわ。

ミア・ファロー(米国の女優 / 1945~)

真に結ばれた夫婦にとっては、若さの喪失ももはや不幸ではない。ともに年老いることの楽しさが年老いることの辛さを忘れさせてくれる。

アンドレ・モーロワ(フランスの小説家、伝記作家、評論家 / 1885~1967)

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒