11月13日の誕生花




 
11月13日の誕生花は「デンドロビウム」「ナナカマド」


 
★ 以下には花言葉おすすめ名言もございます。

デンドロビウムの花言葉

ナナカマドの花言葉

11月13日生まれの偉人・有名人

11月13日は何の日
 


 

11月13日の誕生花 デンドロビウム

デンドロビウムの花言葉

デンドロビウム全般の花言葉

「わがままな美人」

 

デンドロビウムの花言葉に関連する名言

「わがままな美人」(デンドロビウム全般)

なぜ、美人はいつもつまらない男と結婚するんだろう? 賢い男は美人と結婚しないからさ。

“Why do nice women marry dull men?” “Because intelligent men won’t marry nice women.”

サマセット・モーム(英国の劇作家、小説家 / 1874~1965)

 

デンドロビウムの誕生花

1月16日1月20日(デンファレ)、11月13日11月27日(デンファレ)、12月12日(デンファレ)

 
※ 詳細ページには花言葉の由来、西洋(英語)の花言葉などの情報も!

→ デンドロビウムの詳細ページ


 

11月13日の誕生花 ナナカマド

ナナカマドの花言葉

ナナカマド全般の花言葉

「慎重」「賢明」「私はあなたを見守る」

 

ナナカマドの花言葉に関連する名言

「慎重」(ナナカマド全般)

全局のことでも、また局部、局部のことでも、その一手の差を慎重に、そして最善をつくす人が、「勝ち」にゆくわけで、一手ぐらいなどといって、気楽にしとるやつが、結局は敗北につながる。

升田幸三(日本の将棋棋士、実力制第四代名人 / 1918~1991)

 

ナナカマドの誕生花

1月27日11月13日11月18日

 
※ 詳細ページには花言葉の由来、西洋(英語)の花言葉などの情報も!

→ ナナカマドの詳細ページ


 

11月13日生まれの偉人・有名人

・エドワード3世 (イングランド王 / 1312年11月13日~1377年6月21日

・岸信介 (第56・57代内閣総理大臣 / 1896年11月13日~1987年8月7日

・由紀さおり (歌手 / 1948年11月13日)

・見栄晴 (タレント / 1966年11月13日)

・木村拓哉 (歌手、俳優 / 1972年11月13日)

・倖田來未 (歌手 / 1982年11月13日)


 

11月13日は何の日

・うるしの日 (日本漆工芸協会)
平安時代に文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都の法輪寺に参詣した時に「うるしの製法」や「漆器の製法」を虚空蔵菩薩から伝授されたという伝説から、その満願の日である11月13日を「うるしの日」に制定。

 
( 11月13日の出来事など: Wikipedia
 




 

前の日  11月13日の誕生花  次の日

 

★ 誕生花ページ

誕生花カレンダー(365日)

★ 花言葉ページ

花言葉(人気の花ランキング) ・テーマ別の花言葉 ・花言葉一覧(日本語 / 英語

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

ラブソング ・失恋ソング ・恋愛名言 ・男心 ・結婚相手 ・恋愛ひとこと(英語) ・恋愛おみくじ