ラ・ブリュイエール

ラ・ブリュイエール恋愛名言

Jean de La Bruyère
ラ・ブリュイエール

フランスのモラリスト
生: 1645年8月16日
没: 1696年5月11日(享年50歳)

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

恋愛・結婚の名言

(P. 2

Page: 1

私達には、恋の始まる時と、終わる時というのは、二人だけになった時に感ずる、あの何とも言えない、一種異様の気恥ずかしさというか、とまどいによって分かるのである。

We perceive when love begins and when it declines by our embarrassment when alone together.

人が心から恋をするのはただ一度だけである。それが初恋だ。それから後の数々の恋は、初恋ほど無意識のものでない。

We never love heartily but once, and that is the first time we love. Succeeding inchnations are less involuntary.

醜い女なんていない。ただ、美しく見せるすべを知らない女がいるだけだ。

むら気な女とは、もはや愛していない女である。浮気な女とは、すでにほかの男を愛している女である。移り気な女とは、果たして自分が愛しているのか、また誰を愛しているのかが自分でもわからない女である。無関心な女とは、誰をも愛さない女である。

歳月の流れというものによって、友情の絆は強まるものの、愛の絆は、弱まるものである。

Time, which strengthens friendship weakens love.

そぶりのほうは、すでにとっくに愛していないと物語っているのに、永い習慣から会い続ける。

恋愛は恋愛によって始まる。従っていかに強い友情からも弱い恋にしか移行できない。

恋愛においては、いかに難しいことがあっても、友愛におけるよりも、人の欠点を許す。

一人の男だけ見つめている女と、一人の男からいつも目をそらす女は、結局似たようなものである。

愛すまいとするが意のままにならなかったように、永遠に愛そうとしても意のままにはならない。

男は見せかけの愛で女を欺くことができる。ただし、他の女を心から愛していない限りは。

誘惑に恐れる者には、すべてが誘惑となる。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒