マルセル・プルーストの名言

マルセル・プルースト恋愛名言

Marcel Proust
マルセル・プルースト

フランスの小説家、批評家、エッセイスト
生: 1871年7月10日
没: 1922年11月18日(享年51歳)

Wikipediaで人物チェック

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

マルセル・プルースト 恋愛名言集

Page: 1

安定は愛を殺し、不安は愛をかきたてる。

私たちが情熱から解放されるのは、その情熱をとことん味わいつくした場合だけである。

恋わずらいの人は、ある種の病人のように自分自身が医者になる。苦悩の原因をなした相手から癒してもらえることはないのだから、結局は、その苦悩の中に薬を見出すのである。

欲する心にはすべてを開花させる力がある。所有したという事実はすべてをしぼませ枯らしてしまう。

Desire makes everything blossom; possession makes everything wither and fade.

愛するということは不運である。お伽話の中の人々のように、魔法が解けるまでそれに対してどうすることもできないのだ。

上手に別れられるなどということは、まったく稀なのだ。そういうのは、ちゃんとうまくいっていたら、別れたりはしやしない。

美しい女たちのことは、想像力のない男たちに任せておこう。

Let us leave pretty women to men with no imagination.

我々の愛情が衰えるのは、相手が死んだためではなく、我々自身が死ぬからである。

It is not because other people are dead that our affection for them grows faint, it is because we ourselves are dying.

愛とは、心で測る時間と空間のことである。

Love is space and time measured by the heart.

愛が永遠でないという理由は、多分、記憶がいつも真実であると限らず、人生は細胞の絶えざる更新によって出来ているからであろう。

 

– END –

 

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ




 

「HOMEへ」