男心

Leland-Francisco_03
photo: Leland Francisco

Love Quotes

男心の名言・格言集です(全4ページ)

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

名言・格言

 

(P. 2 3 4

Page: 1

青年期には、多かれ少なかれ初恋の女に似ているという理由から、男は女を好きになるが、そのあとは、初恋の女と違っているという理由で、男は女を好きになる。

ギュスターヴ・フローベール(フランスの小説家 / 1821~1880)

ある男性に想われているかどうか、女性は必ずピンときます。しかも、かなり前もって。はっきりとした徴候が現われるからです。内気な男性はむこう見ずになるし、ちゃらちゃらした男性はまじめくさってくるし、陽気な男性はせつなげになりますね。

キム・ノヴァク(米国の女優 / 1933~)

男はロマンティストで神経が繊細。女は現実的で神経が図太い。だから神様は、男に腕力を与えたのです。

美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~)

恋においては、われわれの虚栄心はあまりにたやすい勝利を軽蔑するものであり、どの種類の恋でも、男は向うから差し出されたものの価値を誇大視するものではない。

スタンダール(フランスの小説家、『赤と黒』の著者 / 1783~1842)

女に愛されていることが確かであると、男は、彼女が他の女より美しいか、美しくないかを検討する。女心がわからないと、顔の事など考える暇がない。

スタンダール(フランスの小説家、『赤と黒』の著者 / 1783~1842)

女だけが愛の何たるかを知っている。歓喜と絶望のかぎりをつくして。男の愛には一部分、幻想・プライド・所有欲がまじりあっている。

カール・インマーマン(ドイツの文学者、劇作家 / 1796~1840)

女には本当に損な時がある。男に良くしてやって愛していることを見せれば見せるほど、それだけ早く、男は飽きてしまうのだから。

ヘミングウェイ(米国の小説家、ノーベル文学賞受賞者 / 1899~1961)

男は、その相手を美人だと思うから欲しがるのではない。自分の欲情を正当化するために、美人であるよう望んでしまうのだ。

モンテルラン(フランスの作家、随筆家 / 1895~1972)

愛の戯れは、車の運転に通じます。女は迂回が好きだけど、男は近道が好きだから。

ジャンヌ・モロー(フランスの女優、歌手 / 1928~)

男は自分が幸福にしてやれる女しか愛さない。

マルセル・アシャール(フランスの劇作家・映画監督 / 1899~1974)

たいていの男は、結婚相手とは思わない女といちゃつき、男といちゃつかない女と結婚する。

アメリカの格言

男心をそそるただ一つの、正真正銘の愛の媚薬、それは思いやりの深い気立てである。男はつねにこれに参る。

メナンドロス(古代ギリシアの喜劇作家 / 紀元前342~292)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒