ジョージ・エリオットの名言

georgeeliot400

George Eliot
ジョージ・エリオット

英国の女性小説家
生: 1819年11月22日
没: 1880年12月22日(享年61歳)

Wikipediaで人物チェック

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

ジョージ・エリオット 恋愛名言集

Page: 1

愛されるだけでは物足りない。愛の言葉もかけてほしい。静寂の世界は、お墓の中で十分に味わえるのだから。

I like not only to be loved, but to be told that I am loved; the realm of silence is large enough beyond the grave.

別れの激しい苦痛によってのみ、愛の深みを見ることができるのだ。

Only in the agony of parting do we look into the depths of love.

結婚とは、同情か征服かのいずれかの関係である。

Marriage must be a relation either of sympathy or of conquest.

もっとバラの花が欲しければ、もっと沢山のバラの木を植えなさい。

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。

It’s never too late to be who you might have been.

過ちを非難しすぎるよりも、過ちを許しすぎる方がずっといい。

It is surely better to pardon too much, than to condemn too much.

最も幸福な女性は、最も幸福な国と同じように、歴史を持っていない。

The happiest women, like the happiest nations, have no history.

臆病者は、勝つと分かっている戦いしかできない。だがどうか、負けると知りつつも戦える勇気を。時に、勝利よりも価値ある敗北というのもあるのだから。

Any coward can fight a battle when he’s sure of winning; but give me the man who has pluck to fight when he’s sure of losing. That’s my way, sir; and there are many victories worse than a defeat.

 

– END –

 

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ




 

「HOMEへ」