ハインリヒ・ハイネの名言

ハインリヒ・ハイネ恋愛名言

Heinrich Heine
ハインリヒ・ハイネ

ドイツの詩人、作家、ジャーナリスト
生: 1797年12月13日
没: 1856年2月17日(享年58歳)

Wikipediaで人物チェック

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

ハインリヒ・ハイネ 恋愛名言集

(P. 2

Page: 1

その美しい目で きみは僕をひどく苦しめ とうとう僕を滅ぼした 恋人よ それ以上なにが欲しい?

きみがつれなくすればするほど ぼくは一途に思いつめる なぜなら 親切なんかまっぴらだけど かわいい意地悪には ぞっこんまいるたちだから きみがぼくから解放されたかったら ぼくに惚れこまなくちゃいけないね

僕はおまえが好きだった。そして今でも好きなんだ。たとえ世界が木っ端微塵になったとしても、その残骸の破片から、恋の想いは炎となって燃え上がる。

恋はなにものも怖れない。いざとなれば、死神という天下無敵の強者のところへ走っていき、それを味方にする用意がある。死神を味方にした恋くらい強いものはない。

よくあることだが、きわめて美しい娘にかぎってなかなか夫に恵まれない。古代からすでにそうだ。ご存知のとおり三美神はみんなお嫁に行けなかった。

結婚 – いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのない荒海。

Matrimony; the high sea for which no compass has yet been invented.

美しい五月になって、花のつぼみが燃えるとき、わが胸も愛の想いに燃え上がる。

恋に狂うとは、ことばが重複している。恋とはすでに狂気なのだ。

女というものは、どこまでが天使で、どこからが悪魔なのか、はっきりわからないものなのだ。

結婚行進曲を聞くと、兵士が戦場へおもむくときに演奏される音楽を思い出す。

The Wedding March always reminds me of the music played when soldiers go into battle.

愛とは何か、とお前はたずねる。たちこめる霧に包まれた一つの星だ。

恋にとって昨日はなく、恋は明日を考えない。 ただ今日だけを、完全な今日を要求する。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒