ニーチェの名言

ニーチェ恋愛名言

Friedrich Nietzsche
フリードリヒ・ニーチェ

ドイツの哲学者、古典文献学者
生: 1844年10月15日
没: 1900年8月25日(享年55歳)

Wikipediaで人物チェック

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ
 

ニーチェ 恋愛名言集

(P. 2

Page: 1

「女そのもの」というタイプの女性は、愛するときはいつも相手をずたずたにする。

男は「これぞ、と感じる女を奪ってやれ」と思う。女は奪わず、そっと盗む。

愛が恐れているのは、愛の破滅よりも、むしろ、愛の変化である。

Love is more afraid of change than destruction.

男の幸せは「われ欲す」、女の幸せは「彼欲す」ということである。

人間は恋をしている時には、他のいかなる時よりも、じっとよく耐える。つまり、すべてのことを甘受するのである。

When a man is in love he endures more than at other times; he submits to everything.

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。男が女を愛するのは、それがもっとも危険な遊びであるからだ。

The true man wants two things: danger and play. For that reason he wants woman, as the most dangerous plaything.

愛されたいという要求は、自惚れの最たるものである。

愛せなければ通過せよ。

愛の終わりはいつも善悪を越えたところで起こる。

That which is done out of love always takes place beyond good and evil.

真の男のなかにはひとりの子供が隠れている。この子供が遊びたがるのだ。

結婚するときはこう自問せよ。「年をとってもこの相手と会話ができるだろうか」そのほかは年月がたてばいずれ変化することだ。

When marrying, ask yourself this question: Do you believe that you will be able to converse well with this person into your old age? Everything else in marriage is transitory.

復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒