結婚名言集


Page: 14

優雅は美貌と違ってすり切れない。それには生命があり、たえず新しくなる。したがって三十年の結婚生活の後にも、貞淑な妻に優雅ささえあれば、彼女は結婚の最初の日のように夫に気に入られる。

ルソー(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身の哲学者 / 1712~1778)

結婚はしてもしなくても後悔するものである。

カフカ(現在のチェコ出身の小説家、「変身」の著者 / 1883~1924)

夫が妻にとって大事なのは、ただ夫が留守の時だけである。

ドストエフスキー(ロシアの小説家、思想家 / 1821~1881)

料理ができるくせにやらない妻よりも忌々しいものがひとつある。それは、料理ができないくせに料理する妻である。

There is one thing more exasperating than a wife who can cook and won’t, and that’s a wife who can’t cook and will.

ロバート・フロスト(米国の詩人 / 1874~1963)

結婚とは、幻想を父とし、必要性を母として生まれるものである。

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

現代の女性は、あらゆることを理解する。ただ、自分の亭主のことだけは理解しない。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

良き夫になることを約束する。ただし、毎晩は現れない月のような妻がよい。

I promise to be an excellent husband, but give me a wife who, like the moon, will not appear every day in my sky.

チェーホフ(ロシアの劇作家、小説家 / 1860~1904)

誰かを愛するというのはたんなる激しい感情ではない。それは決意であり、決断であり、約束である。もし愛が単なる感情にすぎないとしたら、「あなたを永遠に愛します」という約束はなんの根拠もないことになる。

To love somebody isn’t just a strong feeling. It is a decision, a judgment and a promise. If love were only a feeling, there would be no basis for the promise to love each other forever.

エーリッヒ・フロム(ドイツの社会心理学者、精神分析学者 / 1900~1980)

たいていの男は、結婚相手とは思わない女といちゃつき、男といちゃつかない女と結婚する。

アメリカの格言

結婚の契約をしてからでなければ恋をしないというのは、小説を終わりから読み始めるようなものである。

モリエール(フランスの劇作家、古典主義の三大作家 / 1622~1673)

夫をつかまえるのは技、とどめておくのは努力。

ボーヴォワール(フランスの女性作家、哲学者 / 1908~1986)

男がほんとうに女に贈り物をしたいと思ったら結婚するものよ。

ココ・シャネル(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971)

 

– END –

 

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

恋愛名言 ・男心 ・告白 ・駆け引き ・結婚相手 ・英語の恋愛名言 ・ラブソング ・失恋ソング ・恋愛おみくじ






 

「HOMEへ」