オミナエシの花言葉


ominaeshi-01
photo: haru__q

★ 花言葉ページ

花言葉(人気の花ランキング) ・テーマ別の花言葉 ・花言葉一覧(日本語 / 英語

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

ラブソング ・失恋ソング ・恋愛名言 ・男心 ・駆け引き ・結婚相手 ・恋愛おみくじ

Golden lace 女郎花

花名の女郎花(オミナエシ)は、黄色い小花が粟飯(あわめし)の粟つぶに似ていることから、粟飯の別名であった女飯(おみなめし)が転訛したといわれます。

他にも諸説あり、「おみな」は女性を指し「えし」は古語の「へし(圧し)」を指して、美女を圧倒する美しさから名づけられたともいわれます。

英語では「Golden lace」「Yellow patrinia」などと呼ばれます。

オミナエシの花言葉は、

「美人」「はかない恋」「親切」
 

 
花言葉の由来
「美人」や「はかない恋」の花言葉は、さびしげに秋風にゆれる繊細で女性的な姿にちなむといわれます。

 

女郎花と秋の七草

古くから日本人に愛されてきたオミナエシは秋の七草の一つです。

秋の七草(ななくさ)
・女郎花(おみなえし
・尾花(おばな) ※ススキ
・桔梗(ききょう
・撫子(なでしこ
・藤袴(ふじばかま)
・葛(くず)
・萩(はぎ
※は現在の名称

秋の七草は食するものではなく、観賞するためのものです。

春の七種(ななくさ)
・芹(せり)
・薺(なずな)
・御形(ごぎょう) ※ハハコグサ
・繁縷(はこべら) ※ハコベ
・仏の座(ほとけのざ) ※コオニタビラコ
・菘(すずな) ※カブ
・蘿蔔(すずしろ) ※ダイコン
※は現在の名称

春の七種の野菜を刻んで入れたお粥を七草がゆといい、人日の節句(1月7日)の朝にその一年の無病息災を願って食べられます。

 
ominaeshi-02
photo: houroumono

 
ominaeshi-03
photo: Sen Itto

 

オミナエシについて

科・属名: スイカズラ科オミナエシ属
学名: Patrinia scabiosifolia
和名: 女郎花(オミナエシ)
別名: 血目草(チメグサ)、粟花(アワバナ)
英名: Golden lace, Yellow patrinia, Scabious patrinia
原産地: 日本、東アジア
色: 黄
開花時期: 8月~10月
出回り時期: 6月~10月(最盛期は8~9月)
花持ち期間: 5~7日程度
誕生花: 8月16日、9月5日、10月6日
花の詳細: Wikipedia

他のスイカズラ科の花
ガマズミ ・スカビオサ ・スイカズラ





 

★ 花言葉ページ

花言葉(人気の花ランキング) ・テーマ別の花言葉 ・花言葉一覧(日本語 / 英語

★ e恋愛名言集 の人気コンテンツ!

ラブソング ・失恋ソング ・恋愛名言 ・男心 ・駆け引き ・結婚相手 ・恋愛おみくじ